Japan
大規模自然災害・地震リスクのマネジメント | その他 | エーオン ジャパン

大規模な自然災害(カタストロフィー関連保険)

大規模な自然災害のリスクをヘッジするのが、 カタストロフィー関連保険です。 エーオンは、巨大地震などのカタストロフィーリスクに関するマネジメント手法を提供致します。

大地震による巨額損失のケース

大地震による損害の要因は、多岐にわたります。

  • 自社物件の破損
  • 自社物件の破損による事業中断
  • 他社や公共施設の破損による事業中断

地震リスクのマネジメント

地震保険の現状と課題

住宅・家財を対象とする地震保険(家計地震)では、保険会社が引き受けたリスクについては政府が再保険の形で相当額を引き受けており、地震保険料については保険業界の強力な要請などにより所得税・住民税の控除制度が新設されるなど、官・民(保険業界)とも普及に熱心です。

一方、企業を対象とした地震保険(企業地震)は、火災保険に特約として付帯されます。保険会社は企業地震保険の引き受け額の大部分をリスク分散の観点から海外の保険マーケットにさらに保険をかけており(再保険)、引き受けは極めて慎重です。

このことから、企業地震保険の保険手配にあたっては通常の保険とは比較にならない高度なマーケット知識、折衝力が必要となるため、特に有力な保険仲介業者の起用が必須です。

地震リスクマネジメント検討の流れ

エーオン ジャパンでは、最大予想損失額(PML)の算定、リスク・モデリングの活用、企業リスク耐性、保険コストの分析といった様々な先進的な手法を駆使して、お客さまにとって最適な保険デザイン及び手配の検討を行います。

国内外の個性的な保険・リスク移転商品の活用

  国内保険市場
 

・火災保険(拡張担保特約)・費用利益保険

一般的な火災保険や企業向け地震保険です。エーオンは、お客様のニーズに最適な保険の条件を、保険会社と交渉します。

 

・地震デリバティブ
 (エーオンベンフィールドジャパンまたは海外のエーオングループでお取扱いいたします)

例えば地震による交通機関の麻痺のため事業が中断し損害が生じた場合には、事実関係の特定が難しいなどの理由で、保険で補償できる範囲は制限されます。実際の損害とは無関係に、地震の規模などに従って補償するのが地震デリバティブです。従って、地震デリバティブでは、あらかじめ決められた条件の地震が発生した場合、事故査定や損害額の調査を行わずに補償金が支払われます。 (なお、お客様の属性又は対象となるデリバティブによってはお取り扱いできない場合がございますので、ご相談ください。) 


海外再保険市場・その他リスク移転市場
(エーオンベンフィールドジャパンまたは海外のエーオングループでお取扱いいたします)

大地震などによる大規模災害を補償するため、必要に応じて海外の再保険、リスクの証券化等を活用し、リスクのさらなる転嫁が可能です。

 

 

お問い合わせについて

SOCIAL MEDIA