Japan
グローバルリスクマネジメント

グローバルリスクマネジメント

エーオンジャパンでは、グローバルネットワークの下、多種多様な日本企業、日本進出の外資系企業のお客様に対して、 専門的なリスクマネジメントのコンサルティングと保険の仲介を含むソリューションの提供を行っています。

 

日系グローバル企業への充実したサービス体制

日本企業の海外拠点は自然災害リスク、想定困難な賠償責任リスク、現地取引先の信用リスク、政情不安定な国におけるポリティカルリスク、そしてテロリズムのリスクなど、多種多様なリスクにさらされています。

これらのどれを取っても企業グループに重大かつ巨額な損失を招きかねません。

エーオンのグローバルネットワークを活用することで、各国・各地域のリスク特性・要因を勘案し、国内外の元受保険・再保険市場、さらには資本市場にまでアクセスすることが可能です。

専門スタッフによる高度なサービス

広範かつ専門的なサービスを提供するスタッフの出身母体は、保険会社のアンダーライティング部門、エンジニアリング部門、クレームサービス部門、金融機関のアナリスト、メーカーの物流専門家等、多岐にわたります。グローバルに展開するお客様へのサービス上で必須条件であるバイリンガル、トリリンガルな人材も豊富です。エーオンでは、多くの国・地域で日本語対応が可能な多数のスタッフを配置することで、 日本語での対応をはじめ、現地の事情に即したきめ細かいサービスを提供しています。

中国でのサービス体制

中国に拠点のある企業は、中国で営業許可を受けた保険会社からのみ保険を調達することが可能です。

エーオンは、2003年に中国糧油食品輸出入集団公司と共同でエーオン・コフコ(Aon-COFCO)を設立し、外資系保険ブローカーとしてはじめてフルライセンスの営業許可を取得しました。上海本社を軸に中国全土において営業を展開しています。

グローバルプログラム

多国籍展開を行っている日本企業にとって、グループ全体で一貫したグローバルリスクマネジメント体制を構築することが重要課題になります。グローバルプログラムとは、本社のみならず海外の支店・支社、工場、子会社、関連会社などの 保険プログラムを本社で一元管理するプログラムです。欧米大企業の大多数で導入・運営されています。

それは、企業グループ全体で統一されたリスク管理・保険付保基準を設け、必要に応じて各国・地域で手配された ローカルポリシーと本社で手配するマスターポリシーとのコンビネーションを通じ、本社で一元管理する仕組みです。

グローバルプログラムのメリット

  • リスクマネジメントの一元管理
    全世界規模でのリスクマネジメントを本社主導で一元管理でき、グローバルな視点での充実を図り、 地域格差や保険手配漏れ等、カバーのギャップ解消が図れます。
  • 保険料コストの効率化 
    貴社のスケールメリットを最大限に活かすことで、グローバルな保険市場の競争原理・引受キャパシティーを活用し、 的確な保険プログラムの手配を可能とします。
  • その他 
    リスクマネジメントを日本本社で一元管理することで、各海外拠点での事務負荷を軽減。グローバルな統一付保基準の策定により、準備作業負荷も軽減できます。 
     

お問い合わせについて

SOCIAL MEDIA