Japan
ホーム>M&Aにおけるリスクマネジメント

M&Aにおけるリスクマネジメント


エーオンジャパン主催セミナー
「表明保証保険 (Reps & Warranties insurance) の戦略的活用によるM&A取引の促進」
2015年11月11日(水)大阪開催、13日(水)東京開催(終了しました)
詳細はリンク先のセミナー特別サイトをご覧ください。


M&Aは、新規事業の立ち上げや事業の多角化など、経営戦略を実践する上で有効な手段ですが、その反面、売り手側企業に内在する様々なリスクへの対処を誤ると、買収後に大きなトラブルを抱え込むことにもなりかねません。

そのため、デュー・ディリジェンス調査などを通じて、売り手企業の明示的なリスク要因だけではなく、隠れたリスク要因をも洗い出す必要があります。

エーオンジャパンM&Aグループは、買収対象企業の損害保険プログラム・リスクマネジメント体制のデュー・ディリジェンスをはじめ、各種コンサルティングやリスク・ソリューションを提供し、M&Aの円滑な実現を支援します。

M&Aに関わる多様なリスク

企業を取り巻くリスクは、大きく4つに分類できます。

リスクは、企業の内部要因で生じる場合も、外部要因で生じる場合もあります。

最近では、ネットワーク関連の賠償責任や情報セキュリティなど、ITがらみのリスクも増大し、総合すると、現在の企業は常に多くのリスク要因にさらされているのです。

ディール・ソリューション

M&A案件の円滑な成約に資するような各種M&A保険のアレンジ(ディール・ソリューション)も行っております。

  • 表明保証保険(Reps & Warranties insurance)
  • 環境賠償責任保険
  • 既知のリスク要因に対するロス・ミティゲーション

損害保険関連

  • 既存保険プログラムの補償内容の調査分析
  • マネジメントされていないリスクの提示
  • 工場・施設・機械設備等の自然災害リスクにおける最大予想損失額の見積もり
  • 過去の事故データに関わる統計・保険数理分析の実施
  • 工場・施設・設備等の防災体制の診断
  • 損害賠償責任ファクターの摘出
  • 具体的保険プログラムの改善策の提示(保険料の低減、担保範囲の拡大など)
  • 売買覚書、売買契約書、金融関連契約文書等の再検討作業の支援

確実で迅速なデュー・ディリジェンス

エーオンジャパンM&Aグループは、情報提供された書類等の分析から、防災エンジニア等の専門家を派遣した実地調査まで、売り手企業の状況に応じて適切なチームを構成し、確実で迅速なデュー・ディリジェンスを実施。

多種のデュー・ディリジェンスおよびコンサルティングを提供しております。

お問い合わせについて

SOCIAL MEDIA