サイバー耐性レポート2023

こちらは 13 番目の記事です。(全 16 記事中)

October 10, 2023 / 7 分の所要時間

北米地域:投資によるサイバー耐性の強化

北米全域の企業が、サイバー耐性の重要な領域で改善を示しています。しかし、バックアップ戦略やMFAの使用など、特に中小企業にとって重要な領域では改善の余地が残されています。

注目ポイント

  1. 2021年対比で2022年には、サイバー耐性における管理体制不備の平均件数が減少しました。
  2. サイバー耐性の改善、保険金支払件数の減少、保険会社の損害率の低下を受け、全業界のサイバー保険料の引き下げが2023年も続くと予想されます1
  3. 世界的な傾向として、ランサムウェア攻撃は増加傾向にありますが2、企業や保険会社はAIがもたらす攻撃パターンやプライバシーへの変化に注目すると考えられています。

* “Buyer-Friendly Cyber and E&O Market: How to Take Advantage | Aon.” Report. Aon. May 2023.

サイバー耐性レポート2023

レポート全文をご覧になりたい方は、以下のフォームにご記入ください。

こちらは必須項目です
こちらは必須項目です
こちらは必須項目です
こちらは必須項目です
こちらは必須項目です
こちらは必須項目です
こちらは必須項目です

このフォームで個人情報を提供することにより、エーオンおよびエーオングループ各社がお客さまの個人情報を使用して、お客さまが興味を持ちそうな他の商品、サービス、イベントなどについて随時ご連絡をさせていただくことに同意したものとみなされます。すべての個人情報は、エーオンの個人情報保護方針にしたがって収集および使用されます。

ご希望の連絡方法については、こちらをクリックしてください。

地域別のサイバー成熟度

企業の総合的なサイバー成熟度は地域によって異なります。サイバーと事業のレジリエンスを構築するために、経営者が講じるべきステップのご提案も含めた、相違点や課題、可能性について解説します。