Japan

News From Aon 

2019年12月24日


 令和元年度「スポーツエールカンパニー」および
「東京都スポーツ推進企業」認定のお知らせ

 

世界120カ国において保険・再保険仲介および組織人事コンサルティングの分野においてサービスを展開するエーオングループの日本法人、エーオンホールディングスジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:アデリン・チェン、以下 当社)は、令和元年12月23日付でスポーツ庁より令和元年度「スポーツエールカンパニー」、及び、令和元年11月29日付で東京都より令和元年度「東京都スポーツ推進企業」に認定されました。
 

 

                   


 

【スポーツエールカンパニー】

運動不足である「働き盛り世代」のスポーツの実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、社員の健康増進のためにスポーツの実施に向けて積極的な取組みを行っている企業をスポーツ庁が認定する制度です。令和元年度は当社含む531社が認定されています。
 

【東京都スポーツ推進企業】

平成27年度から、従業員のスポーツ活動の促進に向けた優れた取組や、スポーツ分野における支援を実施している企業等を「東京都スポーツ推進企業」として認定する制度です。令和元年度は当社含む374社が認定されています。
 

【主な取り組み】

当社では、日本におけるエーオンのグループ会社(当社、エーオンジャパン株式会社、エーオンベンフィールドジャパン株式会社、エーオンヒューイットジャパン株式会社、以下「エーオンジャパングループ」)で一丸となり、健康経営実現のため、社員の健康維持・増進にむけた活動に積極的に取り組んでいます。

  • エーオンジャパングループ会社内の親睦を目的に、毎年スポーツイベント(フットサルやボウリング)を実施
  • 社外のチャリティーランイベント、スポーツイベント等、社員の参加時に会社が一部費用を負担している。また、これらイベントへ社員の継続的な参加実績がある
  • エーオンジャパングループ内で課外活動支援制度を制定し、業務時間外での社員間の交流を奨励、その費用を一部会社が負担している。活動の中にはヨガやボウリングがあり定期的に活動中
  • 東京・大阪オフィスともに福利厚生の一環としてフィットネスジムと契約しており、社員は休み時間や就業時間前後に自由に利用することができる
  • エーオンのグローバル本社主導で”Wellbeing”(社員が健康で幸福な状態で生活できること)プロジェクトに取り組んでおり、エーオンジャパングループも同活動に参加。ウォーキングイベント等の活動を毎年実施
  • 東京オフィスの全席に上下昇降デスクを導入し、社員のスタンディングワークを取り入れることで健康増進を図っている
     

 

写真左:昼休みに実施される社員向けヨガセッションで気分もリフレッシュ
写真右:上下昇降デスクの導入により、社員が気分や体調にあわせてスタンディングワークを実施している

 

今後も、エーオンジャパングループでは、社員一人ひとりの健康状態の維持向上、および前向きに仕事に取り組める環境をめざし、積極的にスポーツを通じた活動に取り組んでいく予定です。

認定詳細については以下のURLをご参照ください。

スポーツエールカンパニー
http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/list/1399048.htm 

東京都スポーツ推進企業
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/11/29/04.html

 



エーオングループ:  エーオングループは、あらゆる分野のリスク、リタイアメント、ヘルスに関するソリューションを提供するグローバルサービスカンパニーです。全世界120カ国の約50,000名のスタッフを通じ、独自のデータとアナリティクスサービスを用い革新的な知見を提供することにより、お客さまの企業のボラティリティの抑制とパフォーマンスの改善をご支援し、企業価値の発展に貢献することを目指しています。

 


<本件に関するお問い合わせ先>
エーオンホールディングスジャパン株式会社  広報総務部 
TEL: 03-4589-4430   E-mail: pr.japan@aon.com