Japan
エーオンヒューイットジャパン 退職給付セミナー

 

エーオンヒューイットジャパン 退職給付セミナー 【無料】 - 2019 Spring -

- 退職給付会計の実務ポイントと退職金制度のトレンド -

私ども、エーオンは、グローバル120カ国においてリスクと人に関わるアドバイザリーサービスを展開している企業です。弊社では、定期的に退職金・年金制度に関連する最近の事例やトピックスを情報発信をさせて頂いております。



退職給付会計は、一般的に理解が困難とされていますが、PBOの考え方と計算前提、PBOの期首から期末に向けての変動要素などポイントは限られています。これらをしっかり抑えれば、実務をスムーズに行うことが可能です。

今回のセミナーでは、退職給付債務計算や退職給付会計についての基本的事項の説明や、日本基準と米国基準/国際基準の差異に特に焦点を当てて解説し、あわせて実際の計算業務を行う上で、経理・人事の実務のご担当者が押さえておくべき実務のポイントについても、丁寧に解説します。

また、加えて退職金の最新のマーケット情報(どの制度が普及率が高いか、最新の制度変更のトレンド)についてもお話します。退職給付会計の実務や退職金制度の運営に携わっている経理・人事部門のご担当者の方は是非ご出席ください。

 



【日程・内容】

① 5/23(木)  
    14-16:00
 


<国際会計基準適用企業様向け>
▪ 第1部:退職給付債務計算と退職給付会計の基本・日本基準との相違点・
 実務におけるポイント
▪ 第2部:退職金制度の最新トレンド(各制度の普及率と制度変更のトレンド)
 

② 5/24(金)
    14-16:00

 

<米国会計基準適用企業様向け>
▪ 第1部:退職給付債務計算と退職給付会計の基本・日本基準との相違点・
 実務におけるポイント
▪ 第2部:退職金制度の最新トレンド(各制度の普及率と制度変更のトレンド)
 


※ 適用する会計基準によって会計処理方法等が異なるため、開催日を2日設定しました。
貴社の適用基準に合わせてご参加ください。



【講師】
第1部担当:金 海永(きん かいえい) /シニアコンサルタント・年金数理人
エーオンでグローバル退職給付会計計算を担当。制度設計やセミナー講師など計算以外の業務も豊富に経験。

第2部担当:諸節 結梨(もろふし ゆり)/シニアコンサルタント
退職給付制度の設計・導入、企業合併時のベネフィットのデューデリジェンス・人事制度統合に関する業務を主に担当。
 


【場所】
エーオン本社セミナールーム 東京都千代田区永田町2丁目10番3号 
東急キャピトルタワー11F 地図はこちら
地下鉄千代田線・地下鉄丸ノ内線 「国会議事堂前駅」 6番出口直結
地下鉄南北線・地下鉄銀座線 「溜池山王駅」 6番出口直結

【開催要項】
・本セミナーは、事前のお申込が必要となります。
・各セミナーは、定員20名様までとさせて頂きます。定員になり次第締め切りとさせて頂きます。
・定員数の関係上、1テーマにつき1社3名様までとさせて頂きます。
・セミナー当日は、受付にてお名刺を1枚お預かりをさせて頂きます。
・競合及び競合に類すると弊社にて判断したお客様には、当日のご参加をお断りする場合がございます。

【お申込み方法】
本セミナーへのお申込みは、E-mailもしくはお電話 にて受付を致します。 お申込みの際は、以下のご参加者情報をご連絡いただきますようお願い致します。

・貴社名
・参加者名(ご参加される方全員分)
・申込代表者ご連絡先(電話番号およびメールアドレス)
・参加希望セミナー(5/23開催分 or  5/24開催分)


ご提供いただきました個人情報は、当セミナーの運営管理目的にのみ利用させて頂きます。 

エーオン退職給付セミナーのご案内PDF
 

【参加費】

無料
 

【お問合せ先】
担当者: 冨安・於保(おほ)
代表Tel: 03-4589-4300 
E-mail: seminar-r.jp@aon.com



<過去に開催したセミナー>

● 退職給付セミナー ~退職給付会計の基本と実務~
 <米国基準適用企業向け> 
 第一部 退職給付債務計算と退職給付会計の基本
 第二部 日本基準と米国基準の相違点、退職給付会計業務の実務におけるポイント

 <国際基準適用企業向け>
 第一部 退職給付債務計算と退職給付会計の基本
 第二部 日本基準と国際基準(IFRS)の相違点、退職給付会計業務の実務におけるポイント

 

● 確定拠出年金の法改正と最新トレンド ~人生100年時代におけるDC運営のあり方~
  - 法改正の内容
  - DCに関する最新トレンド
  - DC制度の運営のあり方

● 退職給付セミナー ~ アセットシーリングの対応とその影響 ~

 <基本的なルールと考え方>
 - アセットシーリングとは何か
 - 根拠規定(IAS19・IFRIC14)/経済的便益/最低積立要件
 - アセットシーリング適用の判断と考え方
 - IFRIC14の今後見込まれる改定の内容

 <実務対応及び企業財務への影響>
 - アセットシーリング適用に関する実務的な流れ
 - アセットシーリングの適用事例
 - 財務上の影響と会計処理
 - 企業担当者の具体的なアクション

 

お問い合わせについて

ベスト・エンプロイヤー調査